バイク買取を高くする方法

  • バイク買取に出す前にサビ取り

    • バイク買取の前には、少しでも見た目をよくするために、バイクのクリーニングを行うのが基本です。



      泥などの汚れがついたままの状態でバイク買取店で査定を受けた場合と、綺麗に掃除してピカピカな状態で査定を受けた場合とでは、買取額に大きな差が付いてしまいます。

      洗車に加えて、目立つ部分にサビが発生している場合には、サビ取りをするのも効果的です。



      屋外で保管していたバイクは、あまり乗っていなくてもあちこちにサビが発生することがあります。

      サビが多いことも査定におけるマイナス評価になるため、できるだけサビを落としておくことが大切です。


      マフラーやミラーなどのメッキ部分についたサビは、スチールウールや真鍮製のブラシを使ってサビ取りを行います。


      スチールウールや真鍮製のブラシは、ホームセンターなどで安く購入できます。



      マフラーはバイクの部品の中で、もっとも目立ちやすい箇所の一つです。

      ここにサビがついていると、大きなイメージダウンとなりますので、バイク買取の前には必ず綺麗にしておきたいところです。

      特に、クルーザーやクラシック、アメリカンタイプのバイクは、メッキ加工されたマフラーの美しさが魅力となっているため、入念にサビ取りをする必要があります。

      サビている部分が多ければ、電動ルーターや電動サンダーなどの工具を購入することも考えてよいでしょう。
      小型の工具なら3千円程度で入手できます。
      バイク買取の査定額をアップさせるためには必要な投資です。

top